TOP > トリキュラーは通販で!

トリキュラーの避妊効果、正しい飲み方、副作用をご紹介します。

徐々に身体に作用する

トリキュラーのパッケージとシート

アフターピルのように緊急時に使用することによって身体に作用する緊急避妊薬以外にも、妊娠を防止することが出来る医薬品があります。

その薬は「低用量ピル」と呼ばれるもので、この医薬品は正しく服用することによって内部の「黄体ホルモン」や「卵胞ホルモン」と呼ばれるものが身体に吸収されていき、体内に女性ホルモンが満ちている状態を作り出し、脳が「今身体は妊娠している」と思い込ませ、妊娠しない身体を作り出すことが出来ます。

そして、この低用量ピルの中でも特に利用者の多いものに「トリキュラー」と言うものがあります。

このトリキュラーは低用量ピルの中でも「3相性ピル」と呼ばれるもので、薬の色によって含有成分量が違うという特徴があります。実際に服用する際には薬のシートに入った薬を「赤褐色、白、淡黄褐色」という順で服用していくのですが、順に服用することによって、徐々に摂取するホルモン量を増加させていくことができます。

徐々に体内に吸収されるホルモン量を増やしていく事によって、急激に体内のホルモンバランスが崩れることによって起こる副作用などを発症させにくくし、体調を崩すこと無く避妊を行っていくことが出来るのです。

21錠と28錠の注意点

トリキュラーの21錠と28錠

トリキュラーのような低用量ピルを服用する際、薬の種類によって服用方法が若干変化します。

このような低用量ピルというのは「1日1回同じ時間に服用を行い、1回の服用期間でシート1枚分を服用する」必要があります。

その為、基本的には1日1回服用を続けていけば良いのですが、トリキュラーは「21錠シート」と「28錠シート」の2種類のものが存在しているので、選ぶものによって服用方法が変わってくるのです。

どちらのシートも21錠目を飲み切るまでは1日1回、シートに振られている「○日目の薬」という形でシートに掲載されている番号をチェックしながら、服用開始日から数えた日数と同じ番号の薬を服用していきます。

21錠シートの場合21日目の服用が終了した段階で薬がなくなります。その後は7日間の休薬期間になります。

28錠シートの場合は21日経過後残り7錠の薬があります。実はこの7錠の薬は「プラセボ薬」と呼ばれるもので、服用しても効果がない薬なのです。

21錠シートでは休薬期間となっている7日間。この7日間で薬を飲む習慣を忘れてしまうこともあります。しかし28錠シートの方であれば、7日間もプラセボ錠を服用するので、次に服用する日はいつだっけ?と忘れることがありません。

そのため、薬の服用を習慣にできる自信がないという方は28錠シートの方がオススメです。

21錠シートのトリキュラーを使用するのであれば「休薬期間」を終えた後も忘れずに薬を服用するようにしましょう。メモやカレンダーに次の服用開始日を書いておくと忘れることなく服用できるでしょう。

薬の種類に気をつけよう

服用し忘れに注意を指摘する医者

トリキュラーを始めとする低用量ピルに共通した注意点として「服用し忘れないようにする」と言うものがあります。

低用量ピルというのは毎日継続して服用することによって避妊効果が期待できるので、忘れずに1日1回服用を行うようにしましょう。

また、トリキュラーは「日によって含有成分が変わる」という特徴のある低用量ピルなので、服用する際に「本来飲まないといけないものとは違うピル」を服用してしまうと、避妊効果が無くなってしまう場合があるので、服用するものはしっかりと確認するようにしましょう。

そして、トリキュラーは徐々に身体のホルモン量を変化させるため、副作用はあらわれにくくなっていますが、人によっては吐き気や頭痛と言った、ホルモンバランスの乱れからくる症状を発症してしまう場合もあります。

なので、服用した後に体調に何かしらの異変があらわれ、ガマンするのが辛い程に重い症状があらわれてしまった時には、すみやかに病院に行き、医師に相談を行うようにしましょう。

使用方法によって価格は変わる

トリキュラーを服用する女性

トリキュラーを利用して避妊を行う場合、産婦人科や専門クリニックに行ってトリキュラーを処方してもらうことになりますが、この際に発生する処方費というのは病院によって変動しますが、1シートあたりの価格は平均して「2,000~3,000円前後」と言われています。

ですが、トリキュラーは継続して服用し続けることによって効果のある医薬品なので、毎月この値段の薬を処方し続けてもらう場合、年間を通して考えると大きな負担となってしまいます。

できる限り安く済ませたいと思っているのであれば、通販を利用して購入することを検討してみましょう。

通販を利用してトリキュラーを購入した場合、1シートあたり「1,000~2,000円前後」で販売しているようなサイトが多く、更に販売業者によっては1年分のトリキュラーを1万円前後で購入できるような価格設定にしているサイトもあります。こういったサイトを利用することで、低予算で避妊することができるのです。

ですが、通販を利用すると病院で行われるような服用時の注意などを受けることができなくなってしまいます。そのため、服用前にはしっかりとトリキュラーの作用や服用方法、副作用などについての情報を調べ、安全に服用できるという自信をつけてから服用を始めるようにしましょう。