TOP > 緊急時にはアイピル

アイピルの避妊効果、正しい飲み方、副作用をご紹介します。

万が一の時にも安心

アイピルのパッケージとシート

避妊に失敗してしまった際に正しく服用することによって、非常に高確率で妊娠を防止することが出来る医薬品として「アフターピル」と言うものがあります。

このアフターピルの中には「黄体ホルモン」と呼ばれる女性ホルモンが多量に含まれており、避妊に失敗してしまった際に服用することによって、体内のホルモン量を急激に上昇させる事ができます。

それによって脳に排卵を抑制させるように作用し、さらに既に卵子が受精してしまっていた場合であっても、薬の作用によって強制的に月経を引き起こすことによって、受精卵が着床するのを防止し、妊娠を防ぐ効果があるのです。

そして、このような非常に強い避妊効果のあるアフターピルの中でも、特に多くの人が利用しているものに「アイピル」というものがあります。

このアイピルは、日本で始めて認可されたアフターピルである「ノルレボ」と呼ばれる医薬品をベースに開発されたジェネリック医薬品で、非常に安価に購入することができ、その上で効果はノルレボと同じようにとても強力な避妊効果があるということもあり、とても多くの人がこのアイピルを利用し、避妊に失敗してしまった時に妊娠を防止しています。

1度の服用で避妊完了

水で服用する女性

アフターピルのアイピルを服用する場合、緊急避妊法の「LNG法」と呼ばれる方法を利用して服用することになります。

この服用方法というのは「避妊失敗後72時間以内に2錠のアフターピルを服用する」と言うもので、もう1つの緊急避妊法である「ヤッペ法」のように何回も薬を服用する必要はありません。

そして、この服用方法というのは「アフターピルの有効成分であるレボノルゲストレルの含有量が少ないもの」を使用した場合の服用方法で、アイピルのベースとなったノルレボが開発されてすぐの頃はこの服用方法で利用するように言われていました。

ですが、現在発売されているノルレボや、アイピルのようなアフターピルは1錠あたりのレボノルゲストレル含有量が増え、1錠服用するだけでしっかりとした避妊効果を得られるようになっています。

その為、アイピルを利用して緊急避妊を行う際には「避妊失敗後72時間以内にアイピル1錠を服用する」という方法で避妊を行うようにしましょう。

服用時には気をつけよう

服用時の注意を指摘する医者

アイピルを服用する際、注意しないといけないこととして、避妊失敗からの時間があります。

アイピルを含め、緊急避妊薬というのは、避妊失敗後72時間以内に服用することによって、非常に強い避妊効果を得られるという特徴があります。

72時間以内の服用であれば低くとも85%程度の避妊成功率がありますが、72時間以上120時間以内に服用した場合、避妊成功率が急激に低下し60%前後となってしまうのです。

そのため、避妊に失敗してしまった時に、これからどうしようという焦る気持ちを多くの人が感じてしまうとは思いますが、その際に過度に慌ててしまって、アフターピルを服用するのを忘れしまった……という事のないように、避妊に失敗したらアフターピルを確実に、そして72時間以内に服用するようにしましょう。

また、うつ病治療などに利用される抗うつ剤と呼ばれる医薬品の中には、体内の女性ホルモンに作用する医薬品が存在しています。

この薬とアフターピルを同時に服用してしまった場合、体内のホルモン量が避妊に必要な量まで上昇せず、避妊に失敗してしまう可能性もあります。

それ以外にも同時に服用してはいけない薬は多数存在しているため、もし今常用している医薬品が有るのなら、その薬と同時に服用しても問題ないか、というのを服用前にきちんと調べておくようにしましょう。

副作用を知ろう

副作用を感じている女性

アイピルのようなアフターピルには副作用が存在しています。

この副作用というのは、薬の成分である「黄体ホルモン」というものが身体に作用し、体内に過剰に女性ホルモンが分泌されている状態が作られることによって発生する副作用となります。

症状としては吐き気、頭痛、目眩、胸のハリなどの症状が多く報告されており、これらの症状は時間の経過によって体内のホルモンバランスが正常な値に戻るに連れて、徐々に回復していきます。

しかし、これらの副作用の中でも「吐き気」にだけは注意しないといけません。

この吐き気の症状というのは非常に辛いもので、多くの人がこんなにつらい症状に悩むのなら、胃の中の物を吐き出したい、と思うほどに強烈な吐き気に襲われるのです。

ですが、この時に嘔吐してしまうと、胃の中に残っているアフターピルが体外に排出されてしまうことがあります。

そうすると、身体に避妊に必要な量の女性ホルモンがきちんと摂取されず、避妊に失敗してしまう、もしくは追加でもう1錠アフターピルを服用しないといけない、という状態になってしまうこともあるのです。

そのため、アイピルを服用した際に強烈な吐き気に襲われてしまった場合、同時に服用しても影響の出ない成分で作られた酔い止めの薬などを同時に服用し、吐き気の症状を軽減もしくは抑えるようにしましょう。