低用量ピルの心得!彼女が好きなマーベロンとトリキュラー

男女

確実な避妊は女性だけでも行える

トリキュラー

説明書に記載されている服用の方法を守り1ヶ月の内、21日間あるいは28日間服用する事でほぼ完全に望まぬ妊娠を回避する事の出来るピルですが、体系に変化が起こり体重が増えるや副作用が辛い過ぎるといった話もあり、服用に当たり強い抵抗感を持つ女性の方は非常に多く、実際に古い世代のピルにはホルモン量も多い事があり体重増加に繋がる事もあり、それに加えホルモンバランスが大きく変わる為、つわりに似た症状の吐き気や頭痛が何日も続いてしまうという事がありましたが、1999年には日本でも低用量ピルの認可が行われ現在では一般の方個人でも扱いやすい薬になりました。
低用量ピルとは、通常用量のピルと比較すると卵胞ホルモンの用量が少なく配合されており、アジア人は世界の国々の方に比べ体が小さい為、用量を減らす事により不快と感じる様な副作用を軽減させる事が出来ます。
また用量を減らしたからといって避妊の効果が薄れてしまう事も無く、同じ様にほぼ100%回避する事ができ、女性の方の生活に取り入れ易くなっています。
避妊以外にも服用を継続する事で体にも良い効果をもたらす事ででき、月経時の痛みを和らげる事が出来たり月経時に出血量が多く貧血を起こす方なども血の量を減らす事もでき、月経不順の改善も行えるので月に1回起こる不快な症状を緩和させる事が出来ます。
飲み間違いを起こしにくく、服用方法も簡単となる1相性のマーベロンは処方される機会も多く、上記に記載の通り21日間を基本の期間としていますが次の月の飲み忘れを防ぐ為に偽薬が含まれる28日服用のものもあり、安定した効き目を得られ女性の方の強い味方となります。
ただし、マーベロンを含めピルは血栓症を起すリスクがあるので定期的な検査を受ける必要もあります。
男性任せにしてしまう事は妊娠を回避する可能性を下げてしまうだけであり、どんな時でも万全の状態を作る事で体へ係る負担を減らす事も出来るので女性の方が主導となり積極的に生活に取り入れてみて下さい。