低用量ピルの心得!彼女が好きなマーベロンとトリキュラー

男女

中絶を避ける為の避妊

中絶

妊娠を望むか望まないか、その点での判断で大きく異なりますが実際の所、生殖を目的として性交をしている男女関係は決して多いとは言えず、それは少子高齢化となるこの国からでもある程度は検討が付く事であり、多くは自己を性的衝動や欲求を解消あるいは鎮める為に行う事がほとんであり、回避する方法として最も一般的なのが男性の方のコンドームの着用になり100%に近い確率で妊娠を回避する事が出来ると考えられており、性教育でもこのコンドームの重要性を一定の年齢に達して際に教育されたはずであり確実な方法とされています。
ではなぜゴムを付けているにも関わらず妊娠してしまう女性の方がいるのか、それはもちろん破けていたなど破損に起因する事もありますが、着用しても妊娠率は15%前後あり絶対的な方法ではなく確実に避妊を考えるのであれば従来まで染み付いている概念を捨て去らなければなりません。
避妊とは、子宮内への精子の侵入を防ぐまたは万が一受精卵となっても着床しにくい状態を作り出す事や排卵を止める事で、妊娠率を0.5~1%前後までに抑える事が出来る方法であり、これはコンドームでは出来ない方法になり、OCと言われるピルの服用が最も確実になります。
僅かに妊娠の可能性は残りますが、これはOCの投与で飲み間違いや飲み忘れのみで残る確率であり、正しく投与する事でほぼ完全に妊娠を防ぐ事ができ、男性に任せる事なく女性自身が本人の意思で選択出来る方法となります。
OC後進国でもあり広く普及されているものでは無くまた副作用がつわりに似た不快な症状を継続させる為、知っていても抵抗があるので投与に踏み切れない女性の方も多く何より太るという事がネックになるも普及しない理由でもあります。
最近では低用量が一般的であり、副作用の軽減、また太る事もないので従来の通常用量OCとは異なり、さらに月経痛や不順を改善したり肌荒れ改善の副効果もあるので生活改善も出来るので、万が一妊娠して中絶を選択しより多くの負担を体にかけてしまい、中絶による精神への傷を避ける為にも生活に取り入れて下さい。