低用量ピルの心得!彼女が好きなマーベロンとトリキュラー

男女

なぜ低用量ピルを服用するの?

薬

避妊方法には様々ありますが、現在一番信頼できる方法が低用量ピルです。
このピルを指示通り服用することで100%に近い99%の確率で避妊することができます。
従来ピルと言えば中用量ピルでしたが、中用量ピルは治療用、避妊用には現在低用量ピルとなっております。
中用量ピルは効果も高い分それだけ副作用も多く報告があがったので、避妊効果の為なら低用量でも十分なのです。
これらはすべてホルモンの量によって異なり、高容量だと0.05mgより高く、中用量は0.05mg、低用量だと0.05~0.03mgになります。
実は超低用量というものもあり、卵胞ホルモンが0.03mg以下のものを指します。
しかし超低用量は現在日本ではまだ未認可となっております。
ピルは黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれており服用することで、排卵後の状態を作り出します。
それにより排卵をさせない働きを持っており、妊娠しないという仕組みになります。
もちろん服用を忘れれば、排卵が起こってしまう可能性もあるので飲み忘れは要注意となります。
もし飲み忘れた場合は服用を中止し生理が来るのを待ちましょう。
もしその間に性交渉を行う場合は必ず他の避妊方法を取るようにしましょう。
低用量ピルの中でも様々な種類がありますがその中で代表的なのがマーベロンです。
マーベロンには21錠タイプのものと28錠タイプのものがあり、28錠タイプのは飲み忘れ防止のブラセボが7錠含まれております。
マーベロンには避妊効果プラス、生理痛の緩和や、月経不順、ニキビ、子宮体ガン卵巣がんの予防などにも効果的です。
特に肌がきれいになったと多数報告があり、ニキビ予防のために服用している方もいらっしゃいます。
同じく低用量でトリキュラーというものがあります。
マーベロンと同じく21錠と28錠のものがあります。
トリキュラーも服用方法をきちんと守ることで、100%に近い確率で避妊することができます。
海外などではピルは大変メジャーな物であり妊娠を望まない女性にとってメリットの大変高いものです。
低用量タイプは副作用もほとんどないとされており安心して服用することができます。
避妊薬の低用量ピルは身体の小さな日本人向きです。
もちろん個人差もありますので体に合わないなと感じたら医師などに相談して下さい。