避妊薬は通販で簡単に購入できます。避妊薬の種類や効果、副作用、飲み方などをご紹介します。

避妊して身を守ろう

コンドーム

大切なパートナーとともに過ごす時間ということは、他のどのようなものにも変える事ができない、とても大切なものです。

そして、そのパートナーとの身体を触れ合わせてのスキンシップは心身ともに充足感と安心感に満たされるため、とても重要なものなのですが、その時に注意しないといけない事として「避妊」と言うものがあります。

避妊の重要性というのは多くの人が知っていると思いますが、きちんとした避妊を行わなければ、妊娠をしてしまったかもしれないという不安を感じながら日々の生活を過ごすことになる場合もありますし、最悪の場合、中絶という非常に悲しい選択を取らないといけない場合もあります。

そして、多くの人が避妊と聞くと「コンドーム」と呼ばれる避妊具を利用した避妊を想像しますが、実は近年のコンドームというのは「薄さ」を追求して作られているため、何かしらの理由で破れてしまった場合にも気づきにくく、気がついたら避妊に失敗していた……なんてこともあるのです。

なので、もし確実な避妊を行って自分の身を守りたい、と思っているのであれば「避妊薬」と呼ばれるものを利用してみましょう。

避妊薬という薬は身体を「妊娠しない状態」にすることができるため、万が一コンドームを使用した避妊に失敗した際にも、そしてコンドームを使用していない時でも、妊娠しにくい状態を作り出すことができるのです。

万が一の時の避妊薬

アフターピルを紹介する女医

避妊薬と呼ばれる薬の中には、服用することによって身体が妊娠しにくい状態を作り出すことができる避妊薬と、避妊に失敗した際に服用することによって避妊することができるという特徴のある避妊薬があります。

この薬は「アフターピル」と呼ばれる種類の避妊薬で、多量の「黄体ホルモン」と呼ばれるものが含まれており、正しく服用することによって排卵を防止しつつ、更に強制的に月経を引き起こし、避妊に失敗してしまった時にも薬の作用によって着床の防止などを行い、高確率で避妊を行えるようになっているのです。

しかし、このアフターピルというのは内部に含まれている黄体ホルモンを身体に吸収させることによって、強制的に身体のホルモン量を変化させる医薬品です。

そのため、人によっては非常に強い副作用に悩まされてしまうこともあるので、服用の際には注意が必要となります。

そして、通常の避妊薬と同じような服用方法で使用してしまうと、身体に対して非常に強い負荷をかけてしまうので、身体を守るためにもアフターピルは緊急時にのみ服用する、というのを意識しておくようにしましょう。

また、アフターピルは服用する際に注意しないといけないことが存在しているため、服用する際にはきちんとそれらの知識を頭に入れた上で服用を行うようにしましょう。

様々な避妊薬

様々な避妊薬

身体が妊娠しにくい状態を作ることができる避妊薬は大きく分けて2種類の物があります。

1つは妊娠しにくい身体を作り出す事ができる薬で、もう1つは「避妊に失敗した時に服用することによって、妊娠を防止する薬」です。

これらの薬はそれぞれ「ピル」と「アフターピル」という名称の避妊薬で、どちらの薬も正しく利用することによって非常に高確率で妊娠を防止することができるため、服用する際には状況に応じて正しい薬を選んで服用し、確実な避妊を行うようにしましょう。

そうしないと、薬の効果によって身体に対して過度の負荷をかけてしまう、緊急の避妊が行いたくて服用したのに、避妊効果が一切あらわれず、望まない妊娠をしてしまう……というように、避妊薬を服用しても効果が実感できない場合があります。

また、ピルやアフターピルには様々な種類の物が存在しており、薬の種類によって薬の効き方などが異なっているため、服用する際には薬の特徴などをしっかりと知った上で服用するようにしましょう。

飲み忘れを防げるアフターピル

アイピル

アフターピルの中でも非常に多くの人が利用しているものに「アイピル」と呼ばれるものがあります。

このアイピルというのは「ノルレボ」と呼ばれるアフターピルをベースに開発された「ジェネリック医薬品」で、通常のアフターピルと比べて安価に手に入れることができ、更にノルレボと同じように非常に強力な避妊効果が期待できます。

そして、このアフターピルの特徴として、通常のアフターピルと比べ、1錠辺りの有効成分の内容量が多い、ということがあげられます。

そのため、アフターピルは種類によっては1錠服用した後、一定時間後にもう1錠服用する……というふうに、2回に分けて服用する必要があるのですが、アイピルは1度の服用で確実な避妊が行えるため、避妊に失敗した後に1錠服用したけれどもその後もう1錠飲むのを忘れてしまっていた……ということもなく、確実な避妊が行えるようになっているのです。

ですが、1錠辺りの成分が多い事によって人によっては副作用が強く出る人もいるため、服用する際には副作用にしっかりと注意をしながら服用を行うようにしましょう。

成分量が変化する薬

トリキュラー

平時から服用することによって避妊効果が得られるピルと呼ばれる避妊薬ですが、この避妊薬の中でも特に人気の高いものに「トリキュラー」と呼ばれる種類のものがあります。

このトリキュラーが人気の理由として、ピルの作用メカニズムと有効成分が関係しています。

ピルというのは薬の内部に女性ホルモンが含まれており、服用することによって身体の中に女性ホルモンが満たされた状態を人工的に作り出し、脳に「今身体は妊娠している」と錯覚させることによって、避妊を行うのですが、その際一度に多量の女性ホルモンが体内に存在している状態を作り出してしまうと、ホルモン異常によって様々な症状、所謂「副作用」というものがあらわれます。

ですが、トリキュラーは薬に振られている番号の順に服用していく事によって、身体の中のホルモン量を徐々に変化させていくという特徴があります。

そのため、トリキュラーは薬が原因で発生する副作用が比較的少なく、薬の影響で体調が崩れてしまって仕事ができなくなってしまう、という状況の発生を可能な限り減らすことができるのです。

そして、このピルという薬は、含有成分の量によって薬の区分が変化するという特徴があります。

例えば、どの薬を服用しても一定量の成分を摂取できるピルは「1相性ピル」と呼ばれ、トリキュラーは3段階に分けて含有成分料が変化するという特徴があるため「3相性ピル」と呼ばれます。

なので、服用する薬を選ぶ際には自分の生活習慣にあった物を選んで服用する、というのを意識しておくようにしましょう。

▼トリキュラーを買うなら通販がオススメ

常に一定の効果

トリキュラーについて説明する医者

トリキュラーと呼ばれるピルは「服用する日によって内部成分量が変わる」という特徴のある医薬品です。

ですが、ピルによっては「いつ服用しても成分量が変わらない」という特徴のあるものも存在しており、その代表的なものに「マーベロン」と言うものがあります。

このマーベロンは「1相性ピル」と呼ばれるような薬で、いつどの薬を服用してもしっかりと作用する、という特徴があるため、3相性の物は「飲む順番を間違えると避妊効果が落ちてしまう」という難点がありましたが、マーベロンのような1相性のものは「服用する順番を間違えても、影響が出ない」というメリットが有るのです。

ですが、その分内部に含まれる成分量が3相性のものと比べて多くなっており、人によっては服用することによって副作用があらわれやすくなってしまう場合もあります。

なので、マーベロンを服用する際にはトリキュラーなどを服用する時よりも副作用が強くあらわれる可能性がある、ということを意識し、更に「どのような副作用があるのか」というのもしっかりと知った上で服用を開始するようにしましょう。

WHOが認めたアフターピル

ノルレボ

アフターピルの中でも特に有名なものに「ノルレボ」と呼ばれるものがあります。

このノルレボというのは日本で初めて認可が降りた「日本初のアフターピル」で、非常に高い避妊効果と安全性が認められているため、WHO(世界保健機構)が緊急避妊の際にはこの薬を使用するように、と指定しているアフターピルでもあります。

このノルレボが発売された当初は「時間を分けて2錠のノルレボを服用する」という服用する方法が用いられていましたが、現在発売されている物の殆どがアイピルと同じように「1度に1錠服用する」という服用方法で利用できるようになりました。

なので、飲み忘れ等を防止しながら非常に高確率で避妊が行えるようになったのです。

ですが、2錠から1錠に数が減ったということは、その分1錠に含まれる成分量が増加したということでもあります。

なので、服用する事によって副作用が発症する確率も上昇しているので、服用する際には副作用としてどのような症状があるのか、というのをしっかりと把握し、注意しながら服用を行っていく必要があります。

緊急避妊の方法

通常のピルで緊急避妊を

通常のピルで緊急避妊をすすめる医者

アフターピルなどを利用した避妊を行う際には「緊急避妊法」と呼ばれる物を利用しながら避妊薬を服用することになります。

この緊急避妊法には2種類のものが存在しており、日本で昔から行われていたものが「ヤッペ法」と呼ばれるものです。

このヤッペ法というのは、実はアフターピルを服用した緊急避妊の方法ではなく、通常の産婦人科で処方される、日常的な避妊を行う際に服用する「低用量ピル」と呼ばれるものよりも成分量の多い「中用量ピル」と呼ばれる避妊薬、もしくは通常の低用量ピルを用いた避妊方法なのです。

そして、このヤッペ法は「避妊失敗後72時間以内に中用量ピルの場合は2錠、低用量ピルの場合は4錠のピルを服用し、その12時間後に更に追加で同じ量のピルを服用する」という方法で行われます。

このように1度に多量のピルを服用するため、身体に多量の女性ホルモンが満たされた状態となることによって避妊ができるのですが、その分ホルモン異常によって非常に重い副作用があらわれてしまいます。

ですが、万が一避妊に失敗してしまい、手元にアフターピルがない状況であっても、病院で中用量ピルを処方してもらう、もしくは手元に低用量ピルがあればすぐに行える避妊方法でも有るため、万が一のためにやり方を覚えておくと非常に便利な方法でもあります。

注意点としては、ピルの内部に「エチニルエストラジオール」と「レボノルゲストレル」と呼ばれる成分が含まれた物でなければ、このヤッペ法は行えないため、ヤッペ法を行う際には手持ちの低用量ピル、もしくは処方される中用量ピルなどに含まれる成分の量などに注意しながら服用するようにしましょう。

アフターピルで副作用を減らそう

ノルレボ海外版

緊急避妊法の中でも古くから行われていた「ヤッペ法」と呼ばれる方法は、アフターピルを使用せずに行う緊急避妊法になります。

この方法というのは非常に重い副作用があらわれる場合もあるため、今はこのヤッペ法は徐々に推奨されなくなっていき、現在では「LNG法」と呼ばれるものがメジャーな緊急避妊法となっています。

このLNG法というのは、アフターピルの内部に含まれる「レボノルゲストレル」という成分名から取られた避妊方法で、このLNG法を行う際には、一般的に「ノルレボ」もしくはノルレボをベースに開発された「ジェネリック医薬品」を服用することになります。

そして、肝心の避妊方法もヤッペ法のように2回に分けて薬を服用するのではなく「避妊失敗後、72時間以内にノルレボを2錠服用する」というもので、1度の服用でヤッペ法以上の避妊効果が期待でき、更に副作用もヤッペ法と比べて少ないため、非常に安心して避妊が行えるのです。

更に、このノルレボを2錠服用する方法というのは、ノルレボが発売された当初に推奨されていた方法で、現在はノルレボ1錠辺りのレボノルゲストレル含有量が増加したため、1回に1錠のノルレボを服用するだけで避妊ができるようになり、更に安全に緊急避妊ができるようになったのです。

時期によって変動する確率

避妊成功率が変動することを指摘する医者

多量のピルを服用することにより、身体に対して大きな負荷を与えてしまう反面、病院に行くこと無く、日常的に服用しているような低用量ピルや中容量ピルを利用することによって、比較的簡単に行える緊急避妊法の「ヤッペ法」ですが、このヤッペ法を行って避妊をした場合の避妊成功率は一般的に96.8%程度、つまり妊娠率は3.2%と言われています。

比較的高い避妊成功率があるように感じ、更に「やろうと思えば」病院に行かずとも緊急避妊が行えるので、このヤッペ法というのはとても良い避妊方法のように感じますが、実はこのヤッペ法の避妊成功率には注意しないといけない点があります。

それは、LNG法のように安定した避妊成功率があるのではなく「排卵時期に行った場合、妊娠確率が倍増する」という特徴があるのです。

そのため、排卵時期に避妊に失敗してしまい、その後ヤッペ法を利用して避妊を行った場合、普段の避妊成功率は96.8%ですが、排卵時期の場合は避妊成功率が93.6%程度まで低下してしまいます。つまり、きちんとした方法で緊急避妊を行っても、約6.4%の確率で妊娠してしまうのです。

なので、もしヤッペ法で緊急避妊を行う際には「避妊を行う時期によって避妊成功率が変動する」ということもしっかりと頭に入れておくようにしましょう。

高く、そして安定した避妊成功率

安定した避妊成功率を説明する医者

ヤッペ法も非常に高い確率で避妊を行うことができますが、時期によって避妊成功率が変動する、という難点がありました。

ですが、今現在主流となっているLNG法と呼ばれる避妊方法はこのような避妊成功率の変動も無く、更にヤッペ法よりも高い避妊成功率があります。

ヤッペ法を利用した場合、避妊成功率は平時であれば96.8%で、排卵時期に行った場合は93.6%程と言われています。

ですが、LNG法を利用した場合、避妊成功率は98.9%前後と言われており、ほぼ99%の確率で避妊ができると言われています。

更に、このLNG法は常に安定した避妊成功率があるため、ヤッペ法のように時期によって同じ方法で緊急避妊を行っても、避妊成功率が大きく変動するということもなく、常に一定の、しかも非常に高い確率での避妊を行うことができるのです。

なので、もし緊急避妊時の避妊成功率を安定させ、確実に妊娠しない状態を作り出したいと思っているのであれば、このLNG法を利用して避妊を行っていくようにしましょう。

ホルモン異常による様々な副作用

副作用を感じている女子

ヤッペ法を行う場合、注意しないといけない点の一つに「副作用」があります。

ヤッペ法はLNG法のように緊急避妊専用の避妊薬を用いた避妊ではなく、通常の避妊に利用する避妊薬を用いた緊急避妊法です。

そのため、身体に吸収されるホルモン量も非常に多くなり、身体がホルモン異常を引き起こし、様々な副作用があらわれるようになるのです。

副作用があらわれる確率は約60%と言われており、更に副作用があらわれた人の多くが経験する副作用として「吐き気」があります。

この吐き気は人によっては「つわりで経験する吐き気の数倍強い吐き気」と表現する人もいる程に強烈なものなのですが、この症状が出た際に嘔吐してしまうと、身体にピルが吸収されること無く、体外に排出されてしまう可能性があります。

そのため、ヤッペ法を用いた避妊を行う際、病院によっては同時に吐き気を止める効果のある医薬品を同時に処方してくれる病院も存在しています。

基本的にこれらの副作用は、身体に薬が吸収され始めてから、正常な値に戻るまでの間継続します。ピルを服用してから早ければ1時間ほどで吐き気があらわれ始め、その後24時間程度で症状が治まっていくので、非常に長い時間これらの副作用に苦しめられる事になる、ということを知っておきましょう。

また、もし服用後に副作用が非常に辛く、耐えきるのが難しいと判断した時にはすみやかに産婦人科などに行き、副作用に対しての対応を行ってもらうようにしましょう。

ヤッペ法よりも軽い副作用

軽い副作用なのを解説する医者

LNG法はヤッペ法のように通常の避妊薬を用いた緊急避妊法ではなく、緊急避妊専用の医薬品を用いた避妊法です。

そのため、ヤッペ法と比べると副作用があらわれる確率自体も低下しており、ヤッペ法を行った人の60%ほどの人は副作用に苦しめられていましたが、LNG法を行った人の副作用発症確率は10%程と言われています。

また、ヤッペ法とLNG法の副作用を比較した際、最も大きな特徴として「吐き気などの副作用が起こりにくい」という点があります。

これは通常のピルとアフターピルの成分が異なっているということが関係しており、服用することによって身体に摂取される成分自体が異なっているため、副作用の症状の起こりやすさや副作用の重さも大きく異なっているのです。

ですが、人によってはヤッペ法と同じように吐き気等の症状があらわれることもあり、非常に辛い思いをする可能性もあるので、LNG法だから大丈夫、と過信し過ぎる事のないように注意しましょう。

LNG法を利用した際に副作用が起こった場合もヤッペ法と同じように、1度の服用から1時間ほどで徐々に様々な症状があらわれ始め、24時間ほどで症状が沈静化していきます。

その後、人によってはピルの効果が抜けた後も継続して副作用のような症状があらわれる場合があります。もし、服用後数日経っても吐き気や頭痛等の症状が消えず、そのことに対して不安を感じているのなら、一度専門医の診察を受け、対応してもらうようにしましょう。

避妊薬の購入方法

専門の場所で処方を

クリニックでの処方

ノルレボのようなアフターピルを利用して避妊を行う場合は、まずは産婦人科や専門のクリニックに行きましょう。

クリニックへ行けばアフターピルを処方してもらうことができるのですが、その際には注意しないといけないことがあります。

それは「アフターピルはどの産婦人科でも処方してもらえるわけではない」ということです。

通常の低用量ピルなどの避妊薬の場合、産婦人科に行って「ピルを処方してもらいたい」と医師に伝え、診察をうけることによって比較的簡単にピルを処方してもらうことができます。

ですが、アフターピルの場合は「処方を許可されている産婦人科が決まっている」ので、産婦人科で処方してもらいたいと思った時には「どこで処方してもらえるのか」ということを事前に調べる必要があるのです。

さらに、アフターピルは「保険が適応されない」という特徴があります。

そのため、アフターピルを処方してもらう際には非常に高額な処方費が発生してしまいます。

ですが、保険が適応されないということは「診察をうける時に保険証を提出する必要がない」と言う事でもあるので、産婦人科に行った、アフターピルを処方してもらった、という事が誰かに知られることもないので、安心してアフターピルを手に入れることができる、というメリットも存在しています。

通販で安価にお得に

通販でお得に購入した女性

アフターピルを産婦人科で処方してもらう場合、処方してもらえる専門の病院やクリニックに行くと、非常に高額な処方費を支払う必要があります。

ですが、近くにアフターピルの処方を行っているような産婦人科や専門クリニックが存在していないという人もいるかもしれませんし、緊急とはいえ高額な処方費を捻出する事ができないという人もいるかもしれません。

そのような人はどのようにしてアフターピルを手に入れればよいのだろうか、というふうに悩んでしまうかもしれませんが、実は非常に簡単に手に入れる方法があります。

それは「通販」を利用した方法です。

ネット上には薬の通販サイトと呼ばれるものが存在しているのですが、この通販サイトにはアフターピル等の避妊薬も販売されています。

なので、このような通販サイトを利用することによって誰でも簡単にアフターピルを手に入れることができ、更に通販で購入できるアフターピルというのは非常に安価なものが多く、薬によっては病院で処方される物の10分の1程度の価格で購入できるような物も存在しています。

なので、アフターピルの処方費を捻出できない、という人も、このような通販サイトを利用することによって、非常に簡単にアフターピルを手に入れる事ができます。

有事に備える事も

有事への備えもばっちりな女性

アフターピルを通販で購入する場合、病院で処方してもらう場合と比べて、非常に安価に購入することができ、薬の種類によっては処方価格の10分の1程度の値段で購入することができるような物も存在しています。

あまりに安価なため、人によっては「これは本当に飲んでも大丈夫な薬なの?」と不安に思ってしまう人もいるかもしれませんが、きちんとした通販サイトを利用して購入しているのであれば、販売されている医薬品は正規品なので、過度に不安を感じなくとも大丈夫です。

通販を利用することによって安価に薬を購入できる理由の1つとして「安い価格で購入できるから」という理由があります。

アフターピルのような保険が適応されない薬というのは、実は「病院が価格設定を自分でしても良い」と定められています。

そのため、通常のピルなどの医薬品と比べて価格を高く設定することによって、病院が「避妊を行わずに性行為を行うと、こんなに高いお金がかかるのです。だから、きちんと避妊はしましょう!」というアピールをしている場合もあれば、ただ単に自分の病院の利益を増やすために価格を釣り上げているような病院も存在しているのです。

そのため、基本的にどの病院も非常に高額な処方費が発生しているのですが、通販サイトで販売されているアフターピルというのは病院への卸値に近いような価格で販売されています。

そのため、本来病院で処方されるよりも安価に購入することができるようになっているのです。

治療薬を安く買おう

治療薬を安く買うことをすすめる女性

アフターピルを通販で購入する場合、病院で処方してもらう場合と比べて、非常に安価に購入することができ、薬の種類によっては処方価格の10分の1程度の値段で購入することができるような物も存在しています。

あまりに安価なため、人によっては「これは本当に飲んでも大丈夫な薬なの?」と不安に思ってしまう人もいるかもしれませんが、きちんとした通販サイトを利用して購入しているのであれば、販売されている医薬品は正規品なので、過度に不安を感じなくとも大丈夫です。

通販を利用することによって安価に薬を購入できる理由の1つとして「卸値で購入できるから」という理由があります。

アフターピルのような保険が適応されない薬というのは、実は「病院が価格設定を自分でしても良い」と定められています。

そのため、通常のピルなどの医薬品と比べて価格を高く設定することによって、病院が「避妊を行わずに性行為を行うと、こんなに高いお金がかかるのです。だから、きちんと避妊はしましょう!」というアピールをしている場合もあれば、ただ単に自分の病院の利益を増やすために価格を釣り上げているような病院も存在しているのです。

そのため、基本的にどの病院も非常に高額な処方費が発生しているのですが、通販サイトで販売されているアフターピルというのは基本的に病院への卸値もしくはそれに近い価格で販売されています。

そのため、本来病院で処方されるよりも安価に購入することができるようになっているのです。

避妊以外にも効果がある!?

肌荒れの改善効果を感じている女性

ピルやアフターピルには避妊以外にも効果があります。

低用量ピルのように平時に使うピルは、避妊効果以外にも生理痛の軽減や肌荒れの改善といったことを期待することができます。

生理痛は人によってその症状の重さが異なります。

かなり重く感じてしまう人もいれば、比較的生理痛を感じないという人もいます。

もし、生理痛を重く感じているのであれば、低用量ピルを使ってみてはいかがでしょうか。

またニキビなどの肌荒れを改善することもできるといわれています。

ニキビの原因のひとつに女性ホルモンのバランスが崩れていることがあげられるのですが、低用量ピルを利用することで女性ホルモンのバランスを整えることができます。

そのため、肌荒れにも効果があるとされているのです。

アフターピルの場合は避妊効果以外にも、生理日をずらすことができるという効果があります。

これに何の意味があるの?と思う方もいるかもしれませんが、旅行やイベントなどでは大活躍します。

たとえば、生理になってしまうと温泉や海、プールなどに入ることができませんよね。

また、大事なイベントがあるのに生理痛がきてしまってなかなか楽しめないという状況になるとかなり悲しくなってしまいます。

アフターピルを使って生理のタイミングをずらせば、こういったイベントでも楽しむことができるでしょう。

正しい知識を身につけよう

正しい知識を身につけ服用している女性

アフターピルというものは正しく服用することによって、非常に強い避妊効果によって、望まない妊娠を避けることができます。

ですが、このアフターピルについて多くの人が誤解している事もたくさんあります。

誤解したまま服用してしまうと避妊効果が得られないこともあります。

まず非常に多くの人が誤解している点として「日常的に使用するメリットはない」という点があります。

多くの人がアフターピルと低用量ピルを同一のものと考えてしまい、とりあえずピルと名前に付いている物を服用すれば妊娠しなくなる、というふうに思っていますが、アフターピルはあくまで「緊急時の避妊を目的とした避妊薬」です。

そのため、通常の避妊薬のように身体に対して自然に作用し、妊娠しない状況を自然に作り出すのではなく、体内のホルモン量を強制的に上昇させて月経を引き起こすという、言い換えれば非常に乱暴な方法で身体を妊娠しない状態にしているのです。

そのため、日常的に服用してしまうと月経周期が大幅に乱れてしまう事もありますし、LNG法を利用したとしても、副作用に悩まされてしまうこともあるのです。

なので、ピルを服用する際には「今の自分に必要な種類のピルを選ぶ」というのを徹底するようにしましょう。

そうすることによって、望まない妊娠をしてしまう可能性を大幅に下げ、身体に対して余計な負荷をかける事無く、安心して日常生活を送れるようになります。

おすすめの記事

アイピルのパッケージとシート

緊急時にはアイピル

アイピルの避妊効果、正しい飲み方、副作用をご紹介します。

トリキュラーのパッケージとシート

トリキュラーは通販で!

トリキュラーの避妊効果、正しい飲み方、副作用をご紹介します。

マーベロン

簡単に服用できるマーベロン

マーベロンの効果、副作用、服用方法や服用の注意点をご紹介します。

コンドームによる避妊

正しい避妊法を実践しよう!

様々な避妊の方法をご紹介します。避妊に失敗して中絶手術となる前に正しい避妊法を知りましょう。